NEWS

2018.07.25 青葉短大

池田登顕専任講師がSession's Best Presentation Award を受賞

本学リハビリテーション学科の池田登顕専任講師が、7月19日~21日にタイのバンコクで行われた国際学会(International Conference on Public Health 2018)青年・老年学分野のセッションにおいて、最も卓越した演題として『Session's Best Presentation Award』を受賞いたしました。

 

池田専任講師は、老年期の腰痛と社会経済状況の関連を明らかにした研究を行っています。

 

腰痛は世界的に見ても要介護状態に移行する第一の要因となっており、日本においても健康寿命を縮小させている大きな要因となっています。
池田専任講師の研究は、腰痛予防のみならず腰痛自体への対策づくりの一助になると大いに期待されています。

Top