メニュー 泉第2チェリーこども園

ごあいさつ

平成24年4月に保育園として開園した泉第2チェリー保育園ですが、平成28年4月に認定こども園として生まれかわり、“泉第2チェリーこども園”と名称も新しくなりました。

認定こども園の大きな理念は「全ての子どもたちを」という視点です。これまで保育園として利用していただいていたご家庭はもちろん、保育園には入ることのできなかったご家庭も入園することができますし、子育て家庭をはじめとする地域の様々な方が利用できる“こども園”を目指してまいります。

たくさんの人が集まり、子どもたちがたくさんの人と触れ、学び、育っていく、そんな地域の拠点になれるよう邁進してまいります。

園長 工藤 俊平

概要

開園年月日 平成24年4月1日
設置者 社会福祉法人 北杜福祉会
理事長 鈴木忠
施設規模 建物床面積/993.90m2
構造/鉄筋コンクリート造
定員 96名(生後5ヶ月から就学前までの乳幼児)






一号認定 【教育標準時間】
午前9時00分から午後1時00分
預かり保育は
午前7時00分から午前9時00分まで
午後1時00分から午後3時00分まで
二・三号
認定
【保育短時間(最大で8時間)】
午前8時00分から午後4時00分
延長保育は
午前7時00分から午前8時00分まで
午後4時00分から午後6時00分までとなり有料。
土曜保育は
午後8時00分から午後4時00分まで
土曜の延長保育は
午前7時00分から午前8時00分まで
午後4時00分から午後6時00分までとなり有料。

【保育標準時間(最大で11時間)】
午前7時00分から午後6時00分
延長保育は
午後6時00分から午後8時00分までとなり有料。
土曜保育は
午前7時00分から午後6時00分までとなり無料。
併設 1.子育て支援基本事業
2.延長保育事業
3.地域活動事業
4.一時預かり(現在一時中止)
学級構成 0歳児学級、1歳児学級、2歳児学級、3歳児学級、4歳児学級、5歳児学級

一人ひとりの子どもが、こども園生活・家庭での生活を通して心身ともに健やかに育つよう教育・保育の基本方針に基づき保育の目標をたて、保育者と家庭とが連携を図りながら教育・保育を行っていきます。

  • ■ 家庭との緊密な連携のもとに、子どもの状態や発達過程を踏まえ、養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成します。
  • ■ 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来る環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにして、健全な心身の発達を図ります。
  • ■ 様々な社会資源との連携を図りながら、入園する子どもの保護者に対する支援及び、地域の子育て家庭に対する支援を行っていきます。

保育目標

こころとからだの”しなやかさ” “たくましさ” “思いやる” を育み、「生きる力の基礎」を身につけます。

子どもは豊かに伸びていく可能性を内に秘めていますので、その子どもの可能性を日常の生活や遊びを通して発揮させ確かな育ちを目指します。

  • ■ 生き生きとした元気な子ども
  • ■ 人や生命あるものを愛することができ、思いやる豊かな感性を持った子ども
  • ■ からだを動かし、意欲的に遊ぶ子ども
  • ■ 自分の思いや考えを表現することができ。創造性豊かな子ども

保育経論の姿勢

子どもが確かな育ちをしていくために、保育教諭は常に研修などを通して自らの人間性、専門性の向上につとめ、豊かな感性と愛情を持って一人ひとりの子どもに関われるように努めます。また、保護者の意向を受け止めながら、こども園の特性や保育教諭の専門性をいかし援助していきます。

  • ■ 子どもの生活の状況や、さまざまな思い、願いを受け止めながら、子どもが安心感と信頼感を持って活動できるようにします。
  • ■ 子ども一人ひとりの違い(個人差)に目を向けながら、一人ひとりに合わせた、はたらきかけをします。
  • ■ 一人ひとりの子どもと保育者との温かいふれあいを大切にしながら、人と関わる力を育みます。
  • ■ 子どもがさまざまなものに興味や関心を持って、生活や遊びを楽しめるような環境をつくり、子ども自身の意欲を育みます。
  • ■ 一人ひとりの子どもの遊びや活動を大切にしながら、集団での活動がたのしめるようにします。
  • ■ 子ども一人ひとりへの指導・援助は、ねらいをもちながら、子ども自身楽しみながら進んで取り組めるように配慮します。
  • ■ 一人ひとりの保護者の状況やその意向、それぞれの家庭生活などに配慮しながら、保護者への援助を行っていきます。